FC2ブログ

POLAR CS600X

心拍計測機能付きサイクルコンピュータのハイエンドモデルの入荷です。

CS600X_front_500x50020.jpeg
今回新発売する「CS600X」は、トップクラスの成績を目指して競技に挑むサイクリストに最適の機能を備えています。バイクマウント型のCSシリーズとしては初めて2.4GHzの周波数帯域を採用しており、センサーから本体へのデータ通信時に混信の心配がありません。安定して数値を計測することで、より正確な走行データを把握し、正しい運動強度での効果の高いトレーニングをサポートします。また、計測した心拍数やスピード、走行距離などのデータは、付属の高機能トレーニング解析ソフト「Polar ProTrainer5™」に取り込むことができ、目標に合わせた最適なトレーニング計画に役立てることができます。さらに、GPSセンサー「G3 GPS センサーW.I.N.D」※を併用すると、Google Earth™上に自分の走行ルートを表示し、確認することが可能です。その他、「ケイデンスセンサーW.I.N.D」※や「パワーセンサーW.I.N.D」※にも対応しており、これらを使いケイデンス(ペダルの回転数)やパワーを計測し分析することで、さらなるサイクリング効率を追求することができます。

<主な特長>

• 2.4GHzワイヤレスセンサーを採用し、安定したデータ計測

センサーから本体へのデータ通信に2.4GHzの周波数帯域を使用して混信を防ぎ、安定した計測が可能です。

• 付属のソフトウェア「Polar ProTrainer5™」による高度なトレーニング管理

「CS600X」で計測した心拍数やスピード、走行距離、傾斜度、消費カロリーなどのデータは、本体画面上でリアルタイムに確認できるだけでなく、パソコンへ転送し付属の高機能トレーニング解析ソフト「Polar ProTrainer5™」に読み込むことで、トレーニング結果をグラフで確認することができます。さらに、複数の指標を組み合わせた分析機能やダイアリー機能も備えており、これらの蓄積されたデータを参考にトレーニング計画を立てることで、確実な運動能力の向上につながります。

Polar ProTrainer5™ 走行データ グラフ表示画面

100531_CX600X_pro_trainer.jpg

• Google Earth™上に走行ルートを表示

オプションのGPSセンサー「G3 GPS センサーW.I.N.D」を使用することで、Google Earth™上に自分の走行ルートを表示することができます。

100531_CX600X_google_earth.jpg

↑赤線で表示されている道が実際の走行ルート

• 「ケイデンスセンサーW.I.N.D」や「パワーセンサーW.I.N.D」にも対応

オプションの「ケイデンスセンサーW.I.N.D」や「パワーセンサーW.I.N.D」(7月発売予定)にも対応。ペダルの回転数やペダルを踏む強さを計測し、スピードや心拍数のデータとあわせて分析することで、さらに高度なトレーニングが可能になります。

<製品概要>

製品名 : CS600X

希望小売価格 : 54,600円(税込)

セット内容 : ・ CS600X

・ WearLink® + W.I.N.Dトランスミッター

・ スピードセンサーW.I.N.D

・ Polar ProTrainer5™ software

・ IrDA USBアダプタ

・ バイクマウントCS

<アクセサリー(オプション)>


「G3 GPSセンサーW.I.N.D」 希望小売価格 : 29,400円(税込)

「ケイデンスセンサーW.I.N.D」希望小売価格 : 7,770円(税込)

「パワーセンサーW.I.N.D」 希望小売価格 : 45,150円(税込)


PINARELLO・ピナレロ、RIDLEY・リドレー、LOOK・ルック、COLNAGO・コルナゴ、GIANT・ジャイアント、MAVIC・マビック、SIDAS・シダス、MBK、BH、SIDI、Inter-Max・インターマックス、KUOTA、その他、ロードバイクの事ならサイクルショップDADDYにお任せ下さい。


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

閲覧数
ブログ内検索
リンク